所有者不在のMicrosoft 365 グループに自動通知!棚卸が簡単に!

大前提:なぜ所有者不在のMicrosoft 365 グループを洗い出さなければいけないのか

所有者のいないMicrosoft 365 グループとは、言い換えると、
グループ全体の設定変更がグループメンバーの変更ができる人がいないグループです。

所有者のいないグループでは
グループ全体の設定変更やメンバーのメンテナンスを実施する際に
誰も対応ができず、業務に支障がでることがあります。

業務に支障がでないように、テナント全体管理者は定期的にMicrosoft 365 グループの棚卸を実施し、所有者不在のグループを洗い出す必要があります。

そもそもの問題:Microsoft 365 グループの棚卸の負担が大きい

従来は、テナント全体管理者がMicrosoft 365 グループの棚卸を実施した後に、
所有者不在のグループのメンバーに対して、個別に連絡を取る必要があり、
管理者の負担となっていました。

本更新の概要とメリット

この更新は既に適用されています。

テナント管理者が明示的に自動通知をオンにしたテナントに関しては、所有者不在のMicrosoft 365 グループのメンバーに自動で通知が送信されるようになっています。

本記事では、設定の詳細手順までは記載しませんが、自動通知の設定をする際に、通知の送付先、宛先、本文などをカスタマイズすることもできます。

「自動通知を受け取ったメンバーが何もしなければ、グループ所有者不在の状態は変わらないのでは?」とお考えの方もいるかもしれません。それはその通りです。

ただ、テナント全体管理者が、わざわざ所有者不在のグループを洗い出し、メンバーに通知を送る、という部分の負担は軽減されました。その意味では、棚卸作業の負担が、やや軽減はされました。

宣伝:Microsoft 365 のアップデート情報をチェックし、重要情報をお伝えするJBSサービスのご紹介

JBSサービス"アップデートキュレーション for Microsoft 365"では、日々Microsoft 365 Message Centerの内容をチェックし、機械翻訳ではなく人間が読みやすい形での要約情報をお届けしています。ただ情報をお伝えするだけではなく、日本のシステム管理者が意識するであろうセキュリティ・ガバナンス面からのアドバイス、重要情報はPowerPoint形式でより分かりやすくお伝えするなどの工夫を行っております。

ただいま、30日間無料キャンペーン(※)を行っておりますので、是非お気軽にお試しください。

※ 2022年6月現在。詳しくはお問い合わせください

投稿者プロフィール
林 陽子

林 陽子

テクニカルサポートセンター(TSC)の林です。普段は、LiveSupport for Office365というサービスで、お客様からのOffice365関連のご質問にメールで回答をしたり、トレーニング講師を実施しています。

執筆記事一覧