【Intune】.intunewin ファイルを使ってWindows アプリ(Win32)を配信する ~事前準備編~

はじめに

本シリーズでは、Intune から Windows アプリ(Win32) を配信する方法について解説します。

今回はアプリ配信の設定に必要なファイルや情報の準備方法を記載します。

用語説明

  • インストールコマンド

Intune でアプリのインストール処理を割り当てた際に、割り当て先で実行されるコマンドです。

  • アンインストールコマンド

Intune でアプリのアンインストール処理を割り当てた際に、割り当て先で実行されるコマンドです。

  • 検出規則

アプリが配信先のデバイスにインストールされているかを確認する規則です。

Intune からデバイスへのアプリ配信の際は検出規則を使って配信できるか否かを判断します。

事前準備

本記事ではブラウザアプリ「Firefox」の配信を例に解説していきます。

Windows アプリ配信の設定に必要な以下項目について記載します。

  • インストーラーファイル(.exe等)⇒ .intunewin ファイルへの変換方法
  • アプリをインストール/アンインストールする際のコマンドの確認方法
  • 検出規則の設定に必要なパラメーターの確認方法

インストーラーファイル(.exe等)⇒ .intunewin ファイルへ変換する

Windowsアプリ(Win32)を配信設定する際、インストーラーファイル(.exe等)は基本的に .intunewin ファイルに変換する必要があります。

今回配信する「Firefox」は .exe 形式のインストーラーなので .intunewin ファイルに変換します。

Microsoft からインストーラーを .intunewin に変換するツールが展開されているので、下記 Github のサイトから IntuneWinAppUtil.exe をダウンロードします。(インストール不要)

IntuneWinAppUtil.exe を実行すると、以下の画面に遷移します。

下記を参考に各出力内容を入力します。
・Please specify the source folder:配信アプリが存在するフォルダーパスを指定します。
・Please specify the setup file:配信した際に実行するアプリを指定します。
・Please specify the output folder:変換したファイルの出力先を指定します。
・Do you want to specify catalog folder (Y/N)?:カタログフォルダーを指定します。基本的に「N」を入力します。

最後にEnterキーを押すと変換処理を行います。出力先のフォルダーに .intunewin ファイルができていれば準備完了です。

インストールコマンドの確認方法

※コマンドは配信するアプリによって異なります。アプリごとに調査や検証をする必要があります。

Firefox のアプリは以下のコマンドでインストール可能でした。

Firefox Installer.exe

アンインストールコマンドの確認方法

大抵の場合、一度PCに配信アプリをインストールした後、レジストリエディターから確認することができます。

下記レジストリキーのパスを参照してコマンドを確認します。

  • HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\
    ⇒主に64bitアプリのレジストリが格納されています。
  • HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\
    ⇒主に32bitアプリのレジストリが格納されています。

Firefox では、[UninstallString]というレジストリ値が存在し、アンインストールコマンドとして使用できます。

"C:\Program Files\Mozilla Firefox\uninstall\helper.exe"

検出規則の設定値 確認方法

アンインストールコマンドの確認方法と同様に、一度PCにアプリをインストールして情報を確認します。

検出規則の設定では以下3つのオプションがあり、アプリの運用方法で使い分けると良いです。

検出規則を「MSI」で設定する場合 

当規則は .msi ファイルのみ対応しており、必要な情報は「MSI 製品コード」です。

MSI 製品コードは先に解説したアンインストールコマンド確認方法と同様の方法で確認することができます。

以下画像について Firefox インストーラー は .msi ファイルではないので別のアプリを参照したものです。

「{GUID}」の部分が MSI 製品コードです。

検出規則を「ファイル」で設定する場合

必要な情報は、アプリのインストール先のファイルパスです。

インストールされたアプリが PC のどこに格納されているかを確認すると情報が取得できます。

大抵の場合、「C:\Proram Files」か「C:\Program Files (x86)」に格納されていることが多いです。

Firefox の場合は、以下のファイルパスです。

C:\Program Files\Mozilla Firefox

検出規則を「レジストリ」で設定する場合

必要な情報は、検出するレジストリキーを含めたパスと値です。配信先のデバイスで、アプリが存在するかを判定できる値を取得します。

Firefox の場合は、以下のパスと値を使用します。

パスHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\DisplayName


DisplayName

最後に

今回は Windows アプリ(Win32)の配信に必要な .intunewin ファイルや情報の取得方法について解説しました。

躓きやすいポイントとして、「正しいインストールコマンドが分からない」「検出規則が正常に機能しない」といった事象が挙げられます。

準備段階で正しい情報がすぐに見つからない場合は、アプリのサポートに問い合わせる等、早めに対処しましょう。

次回は、今回取得した情報を元に Intune 管理センターで実際に設定を実施後、インストールが正常に完了するまでの解説をしていきます。

 

投稿者プロフィール
大谷 洸二郎

大谷 洸二郎

Microsoft365 製品( Intune がメイン)の設計や構築などを担当しています。 日々の業務で学んだことを本ブログでアウトプットします。趣味はドライブと筋トレです。

執筆記事一覧