【Juniper Networks】QFX5110におけるVLAN変換の設定例

Juniper機器の設定例について、前回はQoSの設定を紹介させていただきました。

今回は少し軽めに、QFX5110におけるVLAN変換の設定例の紹介と、その設定行の解説をします。

VLAN変換の設定例

実際に行った設定例の紹介と、各行についてどのような意味合いがあるのかを解説していきます。

インターフェースでのVLAN変換設定

さっそくですが、インターフェースでのVLAN変換設定例です。

set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching interface-mode trunk
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan members ”内部VLAN番号_1”
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan members ”内部VLAN番号_2”
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan members ”内部VLAN番号_3”
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan-rewrite translate ”外部VLAN番号_1” ”内部VLAN番号_1”
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan-rewrite translate ”外部VLAN番号_2” ”内部VLAN番号_2”
set interfaces xe-0/0/X unit 0 family ethernet-switching vlan-rewrite translate ”外部VLAN番号_3” ”内部VLAN番号_3”

この設定例では3組のVLAN番号の変換を行っています。

それぞれの設定行ですが、1行目はスイッチポートのモードをtrunkにする設定です。VLANタグを使うわけですから、これはお決まりの設定ですね。

2-4行目は内部で利用するVLAN番号であり、インターフェースから出ていく前のVLAN番号です。インターフェースから出ていくということは、他のインターフェースから入ってきたものがスイッチングされてこのインタフェースから出ていくという流れになりますから、対象となるこのVLAN番号はこのインターフェースに割り当てられている必要があります。

5-7行目がVLAN変換を設定している設定行です。設定順の前がインターフェースから出ていくときの”外部VLAN番号”、設定順の後ろがインターフェースから出る直前までの"内部VLAN番号"となります。逆向きに見れば、インターフェースに入ってくるときは設定順の前の”外部VLAN番号”、インターフェースに入った後は設定順の後ろの"内部VLAN番号"ということになります。

vlan membersに”外部VLAN番号"は設定する必要はありません。

VLAN設定

続いて、VLAN変換を行うVLANを設定する設定行です。

set vlans "外部VLAN名_1" vlan-id ”外部VLAN番号_1”
set vlans "外部VLAN名_2" vlan-id ”外部VLAN番号_2”
set vlans "外部VLAN名_3" vlan-id ”外部VLAN番号_3”
set vlans "内部VLAN名_1" vlan-id ”内部VLAN番号_1”
set vlans "内部VLAN名_2" vlan-id ”内部VLAN番号_2”
set vlans "内部VLAN名_3" vlan-id ”内部VLAN番号_3”

特に変わった設定ではなく一般的なVLAN設定です、”外部/内部VLAN名_X”は任意の名称で設定できます。

注意点としては、先ほどの「vlan membersに”外部VLAN番号"は設定する必要はありません」と説明していますが、VLAN設定自体は"外部VLAN番号"も必要です。

設定例についてのまとめ

今回は冒頭にもありますように、軽めに設定量としても少ないVLAN変換の設置例の紹介と解説をさせていただきました。

次回はQFX5110におけるQinQの設定例の紹介を予定しています。複数の設定範囲に渡るため解説も長くなりそうですが、分かりやすくまとめられるように頑張らせていただきます。

執筆担当者プロフィール
廣瀬 翔也

廣瀬 翔也(日本ビジネスシステムズ株式会社)

クラウドソリューション事業本部 セキュリティ&ネットワークインテグレーション2部 所属 主な業務経験範囲はネットワーク分野。 備忘録も兼ねて”ユーザ要望を実現するためのコンフィグ設計例”を掲載していく予定です。

担当記事一覧