【Let's Be Windows Deployment Master】#4 OS と アプリ (資材) のインポート

まいど!奈良県出身、アメリカかぶれのKenny です!

前回は展開のゴールを決めて、Deployment Shareの作成をしましたね。

今回は、OS とアプリのインポートしていくで~!

インポートする資材を用意する

今回用意した資材は、以下4つです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

  1.  OS : Windows 10

  2. 資材 : Google Chrome インストーラー
  3. 資材 : M365Apps Config セット

  4. 資材 : M365Apps (Excel / Word / PowerPoint) デスクトップアイコン

--------------------------------------------------------------------------------------------------

必要な資材をMDT サーバーのC ドライブ等に配置、または、メディアやUSB の外部記憶媒体等に配置しておき、MDT サーバーが読み取れる状態にしておきましょう~

資材のインポートしていくで!

これから資材のインポートしていきますが、なぜこのインポートが必要なのか簡単にお伝えしますね。

Google Chrome のインポートを例とします。

Google Chrome を手動でインストールする際、入手したインストーラーをダブルクリック(実行)してインストールしますよね?

MDT では、ダブルクリックの動作ではなくコマンド(サイレントインストールコマンド) またはbat ファイル等を使ってインストールします。

したがって、インストーラーや資材とそれらを実行するサイレントインストールコマンドやbat ファイル等をインポートする必要があります。

ちょっと理解しにくいかもしれませんが、実際に手順を進めていくときっと分かるはず!

OS : Windows 10 のインポート

今回は、Windows 10 20H2 のiso ファイルを用意しました。

iso ファイルを利用する場合は、以下手順を行う前にiso ファイルをダブルクリックしてマウントしておきましょう。

では、以下の手順でOS のインポートしちゃってください~

資材 : Google Chrome インストーラーのインポート

インストーラーのインポートとコマンドラインのところに注目して手順進めてみてや~!

資材 : M365Apps Config セットのインポート

Google Chrome では、コマンドラインにサイレントインストールコマンドを入力してコマンド実行を行う手法をとりました。

M365 Apps のインストールはbat ファイルを実行する手法となります。

因みに、bat ファイル [M365_Install.bat] の中身はこんな感じです!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

setup.exe /Configure Config_Silentinstall.xml

--------------------------------------------------------------------------------------------------

また、今回はM365 Apps のインストールはインターネットからではなくMDT(ローカルソース)からインストールを行います。

詳細は、以下の公開情報をご確認ください。

docs.microsoft.com

じゃあ、以下手順でインポートしていって~!

資材 : M365Apps (Excel / Word / PowerPoint) デスクトップアイコンのインポート

これもM365 Apps と同様、コマンド実行ではなくbat ファイルで実行する手法です。

これはアプリのインストールではなく、ファイルのコピーを実行するようなものになります。

デスクトップアイコンとなるExcel, Word, PowerPoint のショートカットファイルをインポートしておき、それをクライアントPC にコピーするイメージです。

bat ファイル [Desktop_icon.bat] の中身は以下です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

xcopy \\MDT_Server\DeploymentShare$\Applications\Desktop_icon\Desktop_icon C:\Users\Default\Desktop /E /H /I /Y

--------------------------------------------------------------------------------------------------

(フォルダパスのDesktop_iconですが、Application Name と インポートしたフォルダ名が同じなのでフォルダが重複してます、、)

では、以下手順からインポートしちゃって~!

次回予告

今回のインポート作業を通して、MDT に資材をこうやって読み込ませるのか!って理解してもらえたら嬉しいです。

次回は、タスクシーケンスを作成します!!

タスクシーケンス作成できたら、いよいよお待ちかねのクライアント展開かなー!?

ほな!また次回!おおきに~

投稿者プロフィール
岩谷 賢一

岩谷 賢一

Windows 10 設計、展開を担当。JBS 2020年新卒入社で歴は浅いですが、インプットしたナレッジをこの場で情報提供できればと思います。趣味はサウナ、旅行、ドライブ。

執筆記事一覧